もしかして性病?

もしかして性病かも?

まんこの臭いの原因が性病ということもありえます。
女性の場合は特に、男性に比べると性病の症状が出にくく、性病にかかっていても気づかない場合が多いようです。

イメージとして「性病は風俗嬢がなるもの」と思われがちですが、むしろ風俗嬢はちゃんと検査をしている場合がほとんどで、一般的ないわゆる素人の方が性病に気づかずに感染していることが多いようです。
セックスをするパートナーが無症状のまま、無意識にうつしてしまうこともあるので、心当たりがある場合は性病検査をしてしっかりと治療をしましょう!

代表的な性病の種類と症状

性器クラミジア感染症

最も患者数の多い性病です。
適切な治療を放置せずに放置すると不妊や流産の原因になります。
自覚症状が少ないので本人も気が付かないまま症状が進行する場合が多いです。
フェラやクンニなどでうつることもあります。

セックスなどで感染をして、2週間後くらいから症状が出始めるので、ちょっとでも気になる症状があったら検査を受けてみましょう。

淋病(淋菌感染症)

男性ではクラミジアの次に患者数が多い性病です。

女性は感染しても症状が出にくく、気付かずに放置して不妊の原因になることがあります。
抗生物質を飲めば1週間くらいで治りますが、ちゃんと医師の判断に従いましょう。

性器ヘルペス感染症

水ぶくれができて、痛みや発熱が起きます。
ヘルペスに感染してもほとんどの人が症状にあらわれないですが、免疫力が低下して時に症状が現れることがあります。

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスの感染によって米粒くらいの大きさのイボが現れます。
女性は痒みを感じますが男性は自覚症状があまりないため、気付かずに感染してしまうこともあります。

膣トリコモナス炎

膣トリコモナスと呼ばれる原虫の感染によって、膣に炎症が起きる病気です。
痒み、痛み、おりものが増えたりと比較的強い症状が現れるので早期に発見可能です。

膣カンジダ症

カビの一種によって感染をしてしまう性病です。
おりものの増加やかゆみが発生します。

性病の検査と治療

性病の検査は産婦人科・泌尿器科・皮膚科・性病科で受診することができます。
女性はまず「産婦人科」に行くことが一般的です。

産婦人科は妊娠など出産に関する治療だけではなく、女性の月経に関すること(子宮や卵巣に関わること)を婦人科の機能があるので、恥ずかしいことはありません。
特に産婦人科で働く女性の医師たちはそのようなデリケートな話題に長けているので、安心して相談をすることができます。

産婦人科・泌尿器科・皮膚科・性病科へ行かなくても検査ができる!

病院での検査が一番確実ですが、自宅でも性病を検査することが可能です。

▼詳しくはこちら